霊園探しの際のポイントについて

広い公園墓地のような霊園というと昔は公営墓地が主となっていましたが、最近は民間の法人が経営する霊園の数が多くなってきています。
一般的に民営墓地よりも公営墓地の方が費用が安いというイメージがありますが、最近は民営墓地の中にもかなりリーズナブルな価格で利用できるものが出てきています。寺院が経営している寺院墓地に納骨するためには、そのお寺の檀家になる必要がありますし、その宗教の教義に則った形式で葬儀を行なっていないと納骨を断られてしまう場合もあります。

その点、霊園であれば、宗旨宗派に関係なく利用申し込みをすることができるので、とても便利です。

ただし、一度購入したら半永久的に使用することが前提とされていますので、霊園探しの際には経営主体がしっかりとしているかどうかをあらかじめ確認するようにしてください。

経営状態があまりよくない財団法人や社団法人が経営している場合ですと、途中で潰れてしまう可能性がありますので、当初約束されていたレベルでの永続的な管理を期待することができなくなってしまう可能性があります。

話題の霊園情報に精通したサイトです。

また、日常的な管理体制がどうなっているのかについても、しっかりと確認しておく必要があります。


さらに、霊園の使用規則なども事前にきちんと読んでおけば、無用なトラブルに巻き込まれてしまわずに済みます。一方、土地の水はけや日当たりなども重要なチェックポイントになってきます。水はけや日当たりが悪いとカビが生えて汚くなってしまいますし、気持ち良くお墓参りすることができなくなってしまいますので、これらの点についてもチェックすることをおすすめします。